一人暮らしの引越の片付けのノウハウを伝授!

効率よく引越できる準備を進めていくことが大事

就職や進学など、一人暮らしを初めてするときは、新しい自由な暮らしに心が弾んでいるかも知れません。でも、これからの引越準備の心得を知っておかないと、引越当日に準備が間に合わず、まだ荷づくりが終わらなくてドタバタしてしまうことも。最低限の心得を肝に銘じておけば、引越当日までには準備が整い、スムーズに新しい住まいへと転居できます。

引越準備に必要な用意すべきもの

引越の片付けに入る前に、荷づくりのための必要な物を揃えておきましょう。みかん箱ぐらいのサイズの段ボールと、ワレモノを包んだり、隙間を埋めるための新聞紙や梱包材を用意しておきます。ビニール袋は大・中・小のサイズを用意し、ゴミ袋として使ったり、サイズに合わせた荷物入れにも活用します。組み立て家具を分解して持ち運ぶ場合は、ネジやドライバーなどの工具類があれば便利です。その他に段ボールに書き込むマジックや、段ボールの蓋をする粘着テープや紐も準備しておきましょう。

片付けを効率よく進める方法とは!?

段ボールなどの用意する物を集めたら、片付けを始めていきます。すぐに使わない本や雑誌類、オフシーズンの衣類は今なくても困らないので、そういった使わないものから片付けます。箱づめができたら、本などの重い箱は下に、軽い箱は上に持ってくるようにしましょう。食器や小物類などは、隙間に新聞紙を詰めると、運送時に荷物が動くこともなく、割れやキズがつくのを防げます。そして、転居後にすぐに使うものを最後に荷づくりします。掃除道具やゴミ袋、工具などをまとめておきましょう。

不用品の回収は、自宅で使っている家電や家具なら、ほとんどの物を持って行ってもらう事が可能です。テレビや冷蔵庫といった家電に関しては、回収時にリサイクル券が必要となっています。