人事担当者や従業員が扱いやすいタイムレコーダーを取り入れるコツは?

スマホ対応の最新型レコーダーも要チェック

タイムレコーダーは従業員の勤怠管理に無くてはならない製品の一つですが、打刻忘れや機械の不具合などの問題を防ぐうえで、導入前に様々な製品の特徴を確認する必要があります。また、スマホ対応の最新型のタイムレコーダーの中には、人事担当者や個々の従業員が簡単に操作できるものがたくさんあり、新時代の勤怠管理のツールとして全国的に普及が進んでます。こうした製品を導入するにあたっては、複数のIT企業が提供しているタイムレコーダーの性能を比較したり、大小さまざまな規模の企業の人事担当者の体験談を参考にしたりすることがおすすめです。その他、自社内の事業内容や社員数などにぴったりの製品を選ぶうえで、法人顧客へのサポートが手厚い企業に質問してみましょう

給与計算をスムーズに行えるレコーダーも増加中

勤怠管理の他に、給与計算の面倒な作業をスムーズに進めることができるタイムレコーダーは、経理担当者の業務負担軽減の観点から注目度が高まっています。一般的に、複数の機能が付いたタイムレコーダーは、導入コストだけでなくランニングコストも高くなる傾向が見られるため、人件費との兼ね合いを考慮しながら、慎重に費用対効果の高い製品を選択することが重要となります。また、給与計算のしやすさにこだわってタイムレコーダーを導入する場合は、実際に現場で作業を行う経理担当者の意見をしっかりと聞き入れることが大事です。なお、タイムレコーダーの機能をひと通り使いこなせるまでには少し時間が掛かるため、必要に応じて社内で研修を実施するのも良いでしょう。

タイムレコーダーは、出勤時刻や退社時刻を記録する勤怠管理アイテムです。昔ながらの紙ベースのものだけでなく、タブレット端末などを使用するデジタル版もあります。