防犯フィルムを使用する際に気を付けること

ガラスの全面にフィルムを貼る事

近年、窓ガラスを破られて空き巣被害に遭う割合が増加傾向にあります。窓ガラスはドライバーなどを使えば簡単に割ることができるので、玄関と比較すると、侵入されやすい場所といえます。窓ガラスからの空き巣の侵入を防ぐには、防犯フィルムが有効と言われています。防犯フィルムを窓ガラスに貼っておけば、どんなに強い衝撃を与えても容易に割ることができません。また、割るためには力強く叩かなければいけないので音が出やすく、周囲に異常を察知されやすいのも特徴的です。このように防犯効果が高い防犯フィルムですが、必ず窓ガラス全体に貼ることが大事です。なかにはクレセント錠の周辺だけ貼る人もいますが、それでは他の場所が簡単に破壊されるので全く効果がありません。したがって、強盗や空き巣を防ぐにはガラス一面に防犯フィルムを張りましょう。

CPマークを確認しよう

防犯フィルムを購入する際は、UVカットフィルムや断熱フィルムと混同しないようにすることも大事です。一見同じように見えますが、実はUVカットフィルムはかなり薄いです。そのため、外部からの衝撃に弱く、すぐに空き巣に侵入されてしまいます。確実に自宅の防犯を高めるには、CPマークが記載されたものを選ぶと良いでしょう。このCPマークとは、防犯性が高いことが立証された製品にだけ記載される認定マークのことです。空き巣犯が窓ガラスを破壊するのに5分以上かかるということをきちんと実験によって証明された製品ともいえます。したがって、CPマークを目安に購入すれば、失敗することがありません。

防犯フィルムとは、窓ガラスに貼って割れにくくするフィルムです。泥棒などの侵入者がガラスを割って入ろうとした場合、5分以上の時間がかかるものを指します。