企業の研修などにも活用されているeラーニングとは?

eラーニングによる学習はスマホなどでも行える!

eラーニングとは、日本語で「電子学習」を意味しており、英語での正式名称は「electronic learning」です。オンライン学習と呼ばれる事もあり、現在ではインターネットを活用した学習が主流となっています。eラーニングは、社内における業務内容の把握や個人的なスキルアップを目的とした学習など幅広い分野で導入されています。

以前のeラーニングは、パソコンのみで実施されているケースがほとんどでした。しかし、現在はスマートフォンやタブレット端末が普及してきた事もあり、好きな時間や場所を選んで学習できるようになっています。そのため、今ではマルチデバイス対応のeラーニングは必要不可欠なものになっていると言えるでしょう。

講師と学習者それぞれにメリットがあります!

eラーニングは、講師側と学習側それぞれに多くのメリットがあります。講師側から見たメリットとしては、同じ授業内容を何回も実施する必要がないという事です。社員数が多くいる企業の場合、対象者全員に対する研修が1回では終わらず、講師が時間や場所を変更して何回か講義をするケースがあります。しかしeラーニングでは、全ての学習対象者に時間や場所を問わず講義を提供できる仕組みが整備されています。

一方、学習者側から見ると、個人の理解度に応じて学習が進められるというメリットがあります。小テストなどを実施する事によって、自分の理解度が把握できるので、それぞれ個人が自分のペースで学習する事が可能です。

派遣のeラーニングとは、労働派遣法の改正によって、派遣労働者のキャリアアップを図るために教育訓練の実施が義務付けられたものです。