レンタルオフィスを選ぶ時のポイントや契約方法

賃貸オフィスで重要なのは立地!

起業をする場合、まずはオフィスが必要となります。レンタルオフィスであれば最初からデスクやチェアが設置されており、契約後すぐに業務に取り掛かることが可能です。また、貸事務所を利用するのに比べて安く済むのもメリットですね。

そんなレンタルオフィス選びで重要となるのが「立地」です。日本の社会では名刺に記された住所から企業の力量を計る文化があると言われているので、一等地に賃貸オフィスを借りることによって信用度を上げることができます。

立地は業務の内容に応じて適切な場所を選ばなければいけません。集中力が必要な作業が多いなら閑静な地域に拠点を置くべきですし、頻繁に来客が訪れることが予想されるのであれば交通の利便性が高くなければいけないでしょう。また、もし来客がそれほど訪れないビジネスなら、あえて駅から遠い場所を選んで家賃を少なくするという方法もありますよ。

レンタルオフィスとの契約の仕方

気に入った物件が見つかったら契約を行います。レンタルオフィスは一般的な貸しオフィスとは異なり、不動産会社との間で賃貸契約を結ぶことはありません。レンタルオフィスを提供している業者と期間契約を行うのです。

契約の際はメールかFAXで業者に対し、本人確認の書類や登記簿謄本などを送ります。それを基にして審査が実施され、特に問題がなければ店舗に出向いて契約を成立させる運びとなります。契約後はすぐに利用が開始できるので、迅速に業務に取り掛かることができます。

福岡の賃貸事務所探しは仲介のプロに任せましょう。1社1担当者制を採用しているので、迅速な対応、アフターサービスも充実しています。