事業承継に関する基礎知識及びサポートの有効活用

事業承継についての基本知識

事業継承とは、自身の業界から引退と共に、後継者へと引き継ぐことを意味します。個人運営の事業者ならば財産、あるいは取引先またノウハウを一切合切承継させてしまうことです。株式会社ならば株式が含まれたほとんどの資産を譲渡することを意味します。いずれの場合でも後継者へと財産、あるいは株式を無償で譲り渡す場合には贈与税並びに相続税がかかります。仮に、後継者が存在しないケースではまず第一に後継者をみつけ、育て上げることが不可欠です。もうすでに後継者が存在している場合にも、その引継ぎによって生じる混乱、あるいはダメージを避け承継が円滑に行われるようにすることが不可欠です。

国等による支援を活用しましょう

実際的な進め方があまり分からない状態になっているときは、中小企業基盤整備機構に因るバックアップが受けられます。中小企業基盤整備機構につきましては、後継者に関する問題で苦しんでいる中小企業事業主の為に、事業引継相談窓口を日本各地の都道府県にセッティングしています。その中にあっても、とりわけ事業引継支援のニーズが高い国内の20か所におきまして、事業引継支援センターを設けています。その場所では後継者を待ち望む会社組織、あるいは事業主と、そのビジネスに取り組んでみたいという方とのマッチング並びに専門家に因る実際的な指導が施されています。それぞれの都道府県、あるいは市町村の商工会議所でも、事業承継のバックアップを行っている場所があります。

事業承継とは、ある企業が別の企業・組織・個人で行われていた事業を受け継ぐことを指します。事業の全てか一部なのかは契約内容に因ります。