自営業のやり方!長く続けるために必要なこと!

自営業では仕事があることが重要

自営業は必ずしも毎日仕事がある訳ではありません。仕事の依頼がなければ、仕事も報酬もないのです。そこで重要になるのが、仕事を毎日請け負い続けることです。コンスタントに仕事を受けるためには、良い仕事をすることが大事になります。良い仕事をすると、また次の機会にも声をかけてもらえます。この繰り返しで、得意先が増えていくのです。得意先が増えてきたら、仕事を断る状況になるかもしれません。そんな時は信頼できる仲間に仕事を代わってもらいましょう。得意先からの仕事は断ってしまうと、次の仕事が来なくなることがあるからです。そうならないためにも仕事を受けて、仲間に仕事をしてもらいます。仕事を依頼していくと、仲間との関係を強化できます。

報酬を高くし過ぎないことも大事

依頼主は自営業者に決まった額を支払います。その設定金額が高いと、始めから候補に入らないことがあります。他の自営業者と比べて高くない程度に金額を設定しておくといいでしょう。仕事がなければ、高い報酬は絵に描いた餅と同じになるのです。それでは仕事を続けられなくなります。

仲間を多く集めることも必要

仲間が多くなれば大きな仕事を請け負うことができますし、仕事が途切れる可能性が減ります。仲間から仕事が回ってくるということがあるからです。仕事がない時期には仲間の仕事を手伝い、忙しい時期には仲間に手伝ってもらうという関係が理想的です。仲間が多いほど仕事がないということが少なくなります。自分の仕事があるときにはできるだけ仲間を呼んで、仕事を頼むといいでしょう。

フランチャイズとは事業本部と加盟店で成り立ちます。加盟店は、事業本部のブランド力(お店の看板、成功モデル、資材等)やサポートを継続的に受ける対価としてロイヤリティーを払い、共に事業を拡大していきます。